忍者ブログ

[PR]

2017年11月25日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ライオンキング。

2008年06月03日

こんばんは、Kissyです。
もう六月に入っちゃいましたね。ついでに梅雨にも入っちゃいました。
気温の変動が激しいので、風邪なんかをひかないようにしてくださいね。
かく言う僕も、少し頭が痛くなったりしてました。

さて、先日劇団四季ミュージカル「ライオンキング」を見てきました。
密かにずっと見たかったので、嬉しかったです。
内容は皆さんの方が詳しいかと思うので割愛しますが、
迫力があって素晴らしかったし、面白かったです。(と言っても、最後列の席だったんですけど)

動物の表現は秀逸。単純に動物を真似るのではなく、人間が演じるためにしっかりと消化してあって、演出の技法としてすばらしいと思います。
演出としては、あと狭い空間をより広くより奥行きがあるように見せるのも面白かった。ヌーの大群が迫る場面とかね。(見た人しか分らなくてすいません)
地元の言葉での掛け合いもすごく親近感が湧きますね。長崎公演はないけど、ぜひ長崎弁でも聞いてみたい。

ミュージカルの観劇というのは一種独特ですよね。
盛り上がった歌のあとは拍手するし、お客さんも参加できるし(手拍子とか。作品にもよると思いますが)
劇というよりは、ライブに近いのかもしれませんね。

それと、大西ライオンがよくモノマネする「心配ないさ~」も聞くことが出来ました。
初めて聞いたんですが、大西ライオン、めっちゃ似てる!こんなに似てるとは!
結構いい場面だったんですが、少し笑っちゃいましたよ。

あと、すこし残念だったのは近くの席でず~っと喋ってる人がいたことかな。
歌とか音楽で会場は騒がしいんですが、やっぱり人の声ってのは聞こえるもので、気になっちゃいます。
集中できませんよ。
でも、ちょっとシーンとしたときに、おばあちゃんらしき人が「これは変わった劇やねぇ」と言ったのは笑っちゃいましたけど。

なにはともあれ、「ライオンキング」大満足です。
福岡ではまだまだロングラン公演中なので、みなさんも機会があればぜひ観にいってみて下さいね。
今日はちょっと長くなっちゃったなぁ。

では、また。

注意 絵では丘(プライドロック)の上から叫んでますが、実際はそんなことないです。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL:

« ネコ。 | HOME | 初夏。 »