忍者ブログ

[PR]

2018年08月22日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クローン。

2008年01月30日
こんばんは、Kissyです。

今日はちょっと真面目な話をば。
1月15日、アメリカの食料薬品管理局(Food and Drug Administration FDA)がクローン家畜(牛や豚)からとれるミルクや肉を市場に出すことを承認しました。
実際に店頭にクローン家畜の製品が並ぶのは1年後くらいになるそうです。

みなさんは「クローン」という言葉に漠然とした恐怖感や嫌悪感、不安感を持っているかも知れませんね。
僕は割りと身近なところにあるので、それほど拒絶感はないんですが。
上のニュース、簡単に言うと、クローン牛とかクローン豚とかたぶん大丈夫だから、売っちゃっていいよ~、と言う意味になります。
確かに単純に考えれば、クローンだろうがクローンじゃなかろうが基本的には同じなので、食べても大丈夫なはずです。
もしかしたら何か予測できない異常があり、それによって人体に悪影響があるかも知れません。
しかし、それはあくまで「もしも」の話であって、遺伝子の取り扱い中に何らかの変化を与えるようなことをしなければ、へんなモノは出来るはずがないんです。
もちろん、これも希望的観測です。
現実はいつも予想、予測の斜め上をいきます。

いずれ日本でもクローンの肉やミルクが店頭に並ぶことでしょう。これはたぶん確実です。
そのとき、皆さんはどうしますか?
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: